究極のアンチエイジングには、腸環境の免疫力を上げること

究極のアンチエイジングには、腸環境の免疫力を上げること

私たちの健康には「腸」がいかに大切な役割を担っているか、ご存じですか?

そもそも、腸には60兆個の細胞と100兆個も細菌が存在する言われ
第2の脳とも呼ばれるほど。
感情とも密接な関係な器官です。

昔は腸の事を『腹』と例えて
言葉にしてました。

例えば、
『腹の虫が治まらない!』
『断腸の思い……』
『腹を割って話そう』など、
腸(腹)で物事を決めていたんですね。

言葉に例えるほど、腸って重要なのです。

腸がもつ免疫力が低下すれば、
私たちは病気にかかりやすくなり、見た目も老けてきます。

逆に腸内環境を整え、免疫力が発揮できるように毎日の食事に気を付けていれば、

いつまでも若く美しく健康でイキイキとした暮らしを送れます。

まさに究極のアンチエイジングは、「腸を活性化する』
ことにあるといえるでしょう。

ベジタリアンの腸内環境ベジフード

ベジタリアンの腸内環境ベジフード

「腸を活性化させるコツ」とはいったいどのようなことなのでしょうか?

食事は消化を助ける酵素たっぷりメニュー中心が良いです。

食物の消化・吸収・排泄というプロセスは
体を作るのに必須なことでもあります。

その一連を担うのが腸の役目。

腸に負担をかけず、未消化の食べものが腸内に残って腐敗するのを避けるためには

①まず基本は、食物を良く噛むことが第一条件です。

また、毎日の食事は酵素が豊富な野菜やなど腸内の善玉菌を増やす効果のある
発酵食品(発酵食品については次回記事)
がたっぷり入ったメニューを心がけていきます。

また、便通を促すために、
食物繊維たっぷりの食材を積極的に摂るようにしましょう。
特に海藻、豆類、キノコ、イモ、大麦などはおすすめです。

料理の際は、組み合わせや食べ合わせにも関係あります。

薬、タバコ、白砂糖、質の悪い油など
体に対して負担を与えるものはなるべく入れないこと。

薬、タバコ、白砂糖、酸化した油やトランス脂肪酸などを取り続けていると

『リーキガット症候群」
など、万病のもとになる病気にかかる危険性も上がります。

アルコールを飲まない日を、週に三日くらいはつくりたいものです。
(休肝日)…………。

アルコールも出来るだけ良質なモノを少量たしなむ程度をオススメ致します。

よく歩き、適度な運動と、早寝早起きの習慣を守ること。

せっかく摂取した良質な酵素なども取っただけではなく
体内の酵素を活性化させ、免疫力を上げるには、
ウォーキングがとても効果的。
歩くことにより効果が上がります。

よく歩くことは、深いより良い睡眠にもつながります。(程よい体の疲れ)

岩盤浴やサウナやよもぎ蒸しや鍼灸治療などもおすすめですが……

時として体のメンテナンス

サウナなどは『脱塩』と言って
体のミネラル分を必要以上な流してしまう場合もあるので、そんな時は
サウナなどに入る前に
梅干しや良質な天然塩を舐めることをオススメします。

その際は自分の体の状態を把握してから行ってくださいね。

また、早寝早起きの生活習慣も、酵素の無駄遣いを防ぎ、食べ物の消化・吸収を効果的にすることができます。
シンプルな暮らし方の提案ですね。

ストレスを感じないほど1日1回は大笑いをすること。

大笑いをすることです。
笑うことは、
NK(ナチュラルキラー)細胞などの免疫細胞を活性化してくれて
脳からは『幸せホルモン』と呼ばれる
ホルモンが急激に分泌されるようになります。

この幸せホルモンがたくさん出ていると
自律神経やホルモンバランスはとても安定するばかりか
他人を恨んだり憎んだり、くよくよしたり、
怒ったりしなくなります。

感情にも関係を及ぼすんですね?
先程上げた
腸と脳の関係性には
ここでもヒントになりそうですね。

素晴らしいではないですか…

現代社会では、ストレスなしで過ごすのは難しい環境かと思いますね

しかし、嫌なことは忘れ、
うまく気分転換をすることと

ポジティブな思考を意識しながら毎日を過ごしていくことって
最高にお金のかからない究極なことだと
思います。

笑いましょう!

たまにはファスティング(断食)をすること。

ファスティング(断食)は消化器官を休め、酵素を温存するのに最適な方法でもあります。
細胞の働きを一時的にゆっくりにすることが
細胞の活性化に繋がり、免疫細胞も元気を取り戻します。

と言うことは、先ずは
何を食べるかよりも
少し体を労り
休めてかつ、日頃からの生活習慣の見直し
少しでも体に良いもの優しく穏やかに作用する食べ物を
選ぶ必要がある事がお分かりになったのではないでしょうか?

これらのことを実践していると
あなたの腸内環境は良くなり、肌もキレイになり、若さと健康を保つことができます。

ベジタリアン腸

ベジタリアン腸

現在は体の不調が感じられないという人も、今から免疫力を上げるライフスタイルを維持していくことまたは、
出来るだけ体に負担の無い食生活を送ること。

そうなれば必然と免疫力も上がり
風邪もひきにくくなりますし、
もちろんガンや心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化の生活習慣病やアレルギーなどの症状もかかりにくくなりますね。

是非、毎日実践してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

今村 明子

一般社団法人ベジフード協会 理事 今村明子  3児の母でマクロビオティック上級資格者。 主な活動として、料理教室開催やセミナー活動など