ベジフード的に健やかで強いカラダを作り酵素で免疫力を高める

寝かせ玄米ご飯

いろんな菌が蔓延しているサバイバルなコノ時代、免疫力の強さがとっても大切になっています。

ベジフード協会だけに、食べ物の視点から免疫力をUPさせる方法をお伝えいたします。

玄米を食べると身体に良い!と言われておりますが、確かに米糠には免疫力UPに良いと言われている酵素がたくさん含まれています。ただ、玄米はかなり硬いのです。しっかり炊いて、しっかり噛まないと、腸内で栄養が吸収されにくいので、白米のように食べると、胃腸で栄養が消化吸収されにくくなってしまいます。

子供やお年寄りには、良く噛んで食べるのがハードです。

よく噛むという事は、良いことじゃないですか?

と声が聞こえて来ましたが、噛むにも限度があります。自然食レストランのオーナーさんから、こんな話を聞きました。

店で炊き立ての玄米を出して、まかないでも毎日、炊き立ての玄米を食べていたんですが、社員が顎を悪くしてしまいました。私もです。歯医者に行ったら、硬い玄米を食べてるから顎が悪くなったんですね。と言われてしまいました。それから、玄米ではなく五部付きのご飯を店舗で出すようにしました。

今と昔では玄米の食べ方が違うのです。

昔の人たちは、お米を炊くこと自体がとても贅沢でした。一度玄米を炊くと、すぐに食べず何日間かかけて全体を混ぜながら、寝かせた玄米ご飯を食べていました。

玄米を寝かせている間に、糠に含まれる酵素がうまい具合に発酵して、今で言う「酵素玄米」または「寝かせ玄米」になっていたのです。

さて、そもそも酵素って何なの?

人間の体内では、食べ物を食べたり、栄養を吸収したり、いつも忙しく化学反応が起きています。その化学反応の動きを順調に進めてくれるのが酵素です。

人間の身体には60兆個もの細胞があるそうですが、その細胞が生きていくためにも酵素が必要なのです。人間だけじゃなくて、あらゆる生き物、微生物、すべての生き物に酵素は必要不可欠なのです。

と考えると、細胞が元気ということは酵素がしっかり働いているということ。細胞が強いから、免疫力も強い!

良質な酵素を食事から摂取できると最高ですね!

糠にも酵素たっぷり含まれているので、ぬか漬けを食べることも良いですね!ぬか漬けと白ご飯セットで、玄米の栄養素がしっかり摂取できます。

昔は、白米を食べれるのは偉い殿様だけだったのですが、酵素玄米を食べている農家の人達に比べて、殿様のような偉い人達の方が病気をしやすかったようです。

昔の日本人はとても身体が強くて、60kgもの重たい米俵をヒョイと2~3俵持ち上げてしまうほどの力持ち。◯◯急便の飛脚のように、どこまでも走ってしまう強靭な体力。

寝かせた玄米を食べている身体だからこそ出来ることだったのかもしれません。

スグ食べられる ひじきごぼう玄米ご飯

ベジフード協会でも、そのままスグ食べられる、しっかり炊いた玄米ご飯のレトルトを作りました。柔らかい玄米ご飯ですから美味しく召し上がれます。インバウンドのベジ・ヴィーガン・宗教的に食の禁忌がある方々にも安心して召しあがれる日本のご飯です。

特殊な技術で無添加・無菌パック。常温保存1年間。野菜と海藻と藻塩でシンプルなのに、とても美味しい玄米ご飯です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

神田 京子

一般社団法人ベジフード協会 代表理事 神田京子 ベジタリアン対応レストラン 石窯キッチン&カフェ ぶらぼぅを経営。 オーガニック素材にこだわった料理を提供してる。ベジタリアン、ヴィーガン、アレルギーなど幅広い知識を持ち、子供からお年寄りまでレストランのファンは多い。 映画「種まく人」の撮影舞台として注目され、 日本中からオーガニック愛好者やベジタリアンが集まる