ハラール食品の自販機登場!OAB放送

ムスリム対応自販機20191011 OAB放送

テレビ局に取材して頂きました。国内初のハラール食品自販機について

近年、増加しているムスリム圏からの観光客(訪日外国人)。
しかし、宗教上の理由から、豚肉やアルコールが含まれた食品や調味料も口にできないといいます。

安心して日本で食事を楽しんでもらいたいという思いから、「ハラール対応」の自動販売機を開発しました。

そして、国内第1号となるハラール自販機を大分市の高崎山おさる館に設置した様子を

取材して頂きました。

OAB (大分朝日放送)さんの番組から引用↓

大分市に日本で初めての珍しい自動販売機が設置されました。一体どんな自動販売機なのか?取材してきました。

宮崎からの観光客「珍しいですね!」
宮崎からの観光客「宮崎の方にもおいてほしいです」
愛媛からの観光客「ちょっと写メ撮っていいですか?」

道行く人もついつい気になってしまう様子。高崎山おさる館に突如現れたその正体は?

リポート「実際に購入してみたいと思います。出てきたのは…スナック菓子ですかね?あ、ハラールと書いています」

こちらの自動販売機。日本初となるハラール食品の販売機なんです。ハラール食品とは、戒律の厳しいイスラム教徒が食べることを許されている食品のことです。販売機に置かれている商品は全部で9種類。スナック菓子やレトルトカレーなど、すべてイスラム教徒が食べることを許された食材で作られています。世界のイスラム教徒の人口は年々増え続けていて、80年後にはキリスト教徒の数を超え世界最大勢力になると推定されています。県内を訪れるイスラム圏からの観光客も増え続けていて、受け入れ態勢の充実を図る意味でも今回の自動販売機設置に注目が集まります。

ベジフード協会・神田京子代表理事「ホテルとか観光施設。あとは交通機関、飛行機とか電車とかバスが往来するような所ですね。観光客が行き交う所に置いていただきたいですね」

今後は商品の種類を増やすだけでなく県内に10台のハラール自販機を貸し出す予定です。

ムスリム対応自販機20191011 OAB放送

ムスリム対応自販機20191011 OAB放送

 

ベジフード協会では、ハラール自販機を設置したい事業主を募集しています。観光地であれば全国対応します。まずは、お気軽にお問合せください。

設置費用等はすべて無料です。詳しくはこちらからお問合せください↓

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。