ムスリム対策最前線!イスラム圏観光客を取り込め(大分市)毎日新聞

20191011毎日新聞おさる館

日本初!高崎山自然動物園おさる館にハラール自販機設置!

インバウンド観光客(訪日外国人)が増加を続ける中、イスラム教徒の訪日客数も増えています。

イスラム教徒=ムスリムの人たちをおもてなすにはイスラム教で食べることを許された

ハラール食品の提供が必要です。大分市の一般社団法人ベジフード協会では

日本で初めてムスリム専用の自動販売機を大分市に設置しました。

毎日新聞2019年10月19日付け

下記は毎日新聞の記事を引用しました。↓

https://mainichi.jp/articles/20191019/k00/00m/040/066000c

豚肉や酒の飲食が禁止されたイスラム教徒が口にしても問題がないハラル認証を受けた食品の自動販売機が、大分市の高崎山おさる館に登場した。同館に無料で貸し出した一般社団法人ベジフード協会(大分市)によると、ハラル食品の自動販売機は日本初。イスラム圏からの訪日外国人が増えているのを受けた対応で、今後は県内の他の観光地などにも広げたい考えだ。

20191011毎日新聞おさる館

20191011毎日新聞おさる館

一般社団法人ベジフード協会では、

大分県内で限定10台の同様の自動販売機を設置予定です。

インバウンド観光客やムスリムが訪れる地域で自動販売機の設置を希望される方がいましたら、

お気軽にお問合せください。観光地であれば全国対応します。まずは、お気軽にお問合せください。

お問合せ先↓

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。