イスラム教徒いらっしゃい(大分市)合同新聞

ハラール食品自販機合同新聞10月11日2019年

ハラール自販機

2019年10月11日(金)、ラグビーワールドカップの開催地である大分市にある、高崎山おさる館にムスリム専用の食品自動販売機を設置いたしました。

当日は、プレスリリース試食会を開催し、

一般社団法人ベジフード協会の神田京子代表理事による

ムスリムとは?いま何故ハラール自販機なのか?を記者発表。

以下大分合同新聞夕刊(2019年10月11日付け)から抜粋↓

https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2019/10/11/124357324

県内にインバウンド(訪日外国人)が増える中、イスラムの教えにのっとったハラール対応食品の自販機が11日、大分市神崎の高崎山自然動物園にお目見えした。

一般社団法人ベジフード協会(同市)が高崎山おさる館1階の自動販売機置き場に設置した。カップめんやスナック菓子、レトルトカレーなど10種類を販売する。価格は400円~800円。全商品が豚肉やアルコールを使わないなど、イスラムの教えに対応した。

インバウンドも多く訪れる同館に設置することで、「大分はイスラム教徒を歓迎している」というメッセージを発信する狙いがある。

今後、県内外の観光施設や宿泊施設にも設置。将来的には県産の対応食品も提供したいという。

同協会は宗教や思想などを超えて誰もが楽しめる食を提供しょうと活動している。

神田京子代表理事は

「全国でも初めての取り組みでは。添加物が少ない食品もあり、健康志向の高い方も試して欲しい」

と話した。

同様の自販機を県内の交通機関や宿泊・教育獅子悦に9台、無料で貸し出す。

問い合わせは、同協会 info@vegejapan.jp

 

 

ハラール食品自販機合同新聞10月11日2019年

ハラール食品自販機合同新聞10月11日2019年

 

ベジフード協会では、大分県、福岡県、熊本県でこのムスリム(ベジタリアン)専用の自販機を無料で設置いたします。観光地であれば全国対応します。

ご関心のある方(企業)は、お気軽にお問合せくださ。 ↓

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。