本邦初のベジフード弁当認定のプレスリリース

ベジフード協会プレスリリース

ベジタリアン対応の認定弁当の試食会を開催しました

2019年3月28日に開催された

「ベジフード弁当」のプレス発表会が大分市内で開催されました。

当日は、合同新聞社の他、

お弁当販売元の有限会社まるみやの原田常務、

料理研究家数名、

大分市役所の農政課、観光課の担当者などが参加しました。

プレスリリースの様子↓(一般社団法人ベジフード協会の神田京子理事長と有限会社まるみやの原田常務)

ベジタリアン対応弁当

ベジタリアン対応弁当

ベジタリアン対応はインバウンド対策だけではない

試食会は、一般社団法人ベジフード協会の代表理事 神田京子さんの挨拶からスタート。

神田理事長は、

「日本は観光立国を目指しているが、世界的に増加しているベジタリアン・ヴィーガンの対応食が遅れている。日本に来た外国人が日本を好きになってもらうには″食”から。日本に来てよかった!と思ってもらえる食作りをして行きたい。また、ベジタリアン対応は、食物アレルギーの67%にも対応できるので、食のバリアフリーが浸透した世の中を目指して、誰もが同じテーブルで食事ができる場所を増やしていきたい」と挨拶。

次に、ベジタリアン弁当を開発した有限会社まるみやの原田常務が挨拶をして、

「(開発に)一番苦労したのは、ベジタリアン以外の方が食べても満足できる味を作ること。そして、食べて頂ける人にインパクト(サプライズ)を与えることを意識しました。まるでお肉のような見栄え、味、歯ごたえを作りました。えっ!!!コレ、お肉でしょう!?と言われた時は、心の中でやった!と思います。」と笑顔で語りました。

大分ベジ対応弁当

発表されたベジフード弁当800円

 

原田常務の語る通り、完成したベジタリアン弁当は、ミートそぼろ肉に模した「大豆ミート」のそぼろと、鶏肉の揚げ物に模した「車麩の揚げ物」は、どれも本物のお肉の食感と味付けでした。

価格は800円(税別)で2019年5月より大分トキワデパート地下1階とトキワ稙田店にて販売されます。

大分ベジタリアン弁当まるみや

大分ベジタリアン弁当まるみや

認定ベジフードとは?

一般社団法人ベジフード協会が認定する「ベジフード」とは、ベジタリアンやヴィーガン、そして食物アレルギー疾患の方が安心して食べられるように、肉、魚類は一切使用せずに、そば・小麦・ナッツ類・大豆・卵・乳・酒がふくまれているかどうかをピクトグラムで認識できるようにしています(英語対応)。

この認定シールによって、すべての人たちが同じ食事ができ、安心して食べられる世の中を目指します。

ベジタリアン認定とは?https://peraichi.com/landing_pages/view/vegejapan

ベジフード認定シール

ベジフード認定シール

 

ベジタリアン弁当が #oitatrip に出演!

ベジタリアン弁当の発表会(プレス発表会)の後、原田常務と神田理事長は地元大分のSNS情報発信局 #oitatrip(ハッシュタグ大分トリップ)へ出演し、ベジタリアン弁当の開発ストーリーや開発後の秘話などを語りました。

ベジフード協会プレスリリース

ベジフード協会プレスリリース