CATEGORY ベジタリアン・ヴィーガン対応の必要性

ベジタリアン・ヴィーガン対応の必要性

グリーンツーリズムはベジ・ヴィーガンの人たちにとって最高のコト体験!

欧米のベジタリアン人口は年々増加していて、特に都会の中間層より上の30~40歳代に多いのです。仕事をバリバリしながら身体、環境、動物のコトなど社会的な取り組みに興味をもつ人たち。だからこそ日本のグリーンツーリズムは、そんな方々が来ることをイメージして欧米のベジタリアンに情報が届くように農家民泊をすると他と差別化できます。

ハラール自販機PICKUP

日本初2台目フードダイバーシティ自販機を設置しました。

日本全体が、かつての島国のように単一民族でやっていける時代はもう終わりに来ていて、これから少子化に向かう日本とは逆に、ますます国際化が進み外国人が増えていくことが容易に想定できます。そのような流れを汲んで、ベジフード協会ではフードダイバーシティ(食の多様性)自販機を設置しています。